おかお記念日。

うちのセガレ、こう言っちゃなんですが、口はやたらと達者だし、字もずいぶん読める方だと思うんだけど、実は、実は・・・絵がかけません!!
母ちゃんひそかーに気にしていました。白い紙を与えても、色えんぴつでグルグルグチャグチャ。茶色でグルグルして「これ、じゃがいもー」とか、黄色でグルグルして「これ、たいよー」とか。あとは線をツツーと引っぱって、「せんろー」とか。いや、確かにそう見える。立派に写生だ。上手、上手だね・・・でもその、もちっと、「造形」とかさ、そういう発想はないのかな・・・うーん。(心の声。)
そりゃ、親にも備わっていない「絵心」を、子供に要求するのが無茶だとは承知の上で、でも、セガレと同い年の(より月齢の低い)女の子が、クリクリおめめのお顔にリボンまでつけちゃってかわいい絵を描くのを、すげ~と横目で眺める日々でございました。
ところが今日!食事の前にお絵かきしていたセガレが、おもむろに「ロボットかこうっと」。うん、かいてかいて、と見ていたら、クルっとまるを描いて、続いてなんとカラダを描いて、手を2つつけた!そしてお顔におめめと、おくち。ついでに私が「おみみは?」と聞いたら、耳も2つくっつけた!ごていねいに、「これ、ほっぺ」と、赤色でクルリまでつけた!
ひゃあ~、顔だ!初めて、顔描いたよ!!!!!
(ただし、やけに筆圧が低くて、ユーレーみたいだけど、でもいいの!)
うわーかっこいいロボット描けたね~!
それで気をよくしたセガレは、続いて「ウサギをかく」と言って、丸い顔に、ちゃーんと長い耳を2つつけました。なんと、わかってるじゃない。
思うに昨日遊びに来てくれた社宅の6歳お姉ちゃんが、セガレのお絵かき帳に、サンタやトナカイをたくさん描いてくれたのです。(私から見たら驚愕の上手さ。)セガレもそれでちょっと刺激を受けたのかもしれません。
まあ結論としては、そうそう心配しなくても良いということ。セガレはセガレのペースで、描きたいときが描けるとき。育児って、何事もそうなんだなあ。
ということで、今日はセガレの、おかお記念日。(オオゲサ?母ちゃん喜びすぎ?)
[PR]

by pi-tang | 2008-12-01 23:11 | 母業一般