必要な体験でした。

今日はスースーの離乳食のおかゆにも、昨日の福豆をすり鉢で潰して混ぜみてた。1粒ではほんの少しだったので、節分に歳をとったことにして、数えで2歳2粒。まだ豆腐も与えていなかったので、スースーにとっては初めてのたんぱく質。きな粉の甘みでモグモグ食べてくれた。ぼちぼち豆腐や白身魚を取り入れてみよう。
ところで、保育園の先生宛てのノートに、「セガレはなーんであんなに怖がりなんでしょ」ということを書いたら、どうしてでしょうねえ?としつつ、
「初めは怖くなっても、経験していくうちに「あ、これはこういうものだから大丈夫」と乗り越えていくのだと思います。だからこそ怖い体験も大事で、それを通じて「こわいけど、豆でやっつければ大丈夫なんだ」とイメージの世界が広がっていくといいですね。今のうちに泣いておけば大丈夫だと思いますよ!」
とのこと。ふーむ。今回こわーいオニに向かって、1粒でも豆を投げられたのが、セガレの自信につながってくれるかな。
などと思いながら、横でおもむろに「ポニョ」の歌を熱唱しているセガレに(観ていないのにお友達が歌うのを聞いて覚えている)、「今度ポニョのお話、映画館に観にいってみる?暗い広いところで」とさり気なく聞いたところ、「いやだ」と即答。ああ、そうですか。(先は長い。)
[PR]

by pi-tang | 2009-02-04 23:22 | 母業一般