雨男どころではない。

週末から2泊で南房総へ旅行に出かけた。引越し1週間前の我々にそんな余裕があろうか。いやない。しかし、諸般の事情で(って要は、年度内が期限のクーポンがありましてね)、決行。
あいにく本日の天気は春の嵐の予報。ドンピシャ当たったようだけど、11時東京発の特急わかしおに乗るべく家を出るときには雨も止んでおり、もう過ぎ去ったものとタカをくくって出かけた。が、余裕で到着した東京駅で件のわかしおが「強風のため運休」と知る。がびーん。嵐は東に行くのね・・・。京葉線は風に脆いのね・・・。
しょーがないから13時発のに振り替えて、でも駅で子供連れて時間を潰すあてもなく、しょーがないから高島屋まで歩いてみた。「階段でアンモナイトの化石でも探そうかね・・・」と自嘲しつつ、ためしに案内所のおねーさんに聞いてみたら、ちゃんと「店内化石パンフレット」を頂きましたよ!すごいぞ高島屋!しかも、化石探しにセガレがくらいつくこと。あっちにも!こっちにも!と探して(すごい沢山ある)、母ちゃんが、催事場の物産展で試食しようよ~と提案しても(笑)、そっちのけ。あとはおもちゃ売場にいたら、結構あっという間に時間になった。
そして駅に戻ると、しかしなんと13時発も運休とのこと。「遠いぞ南房総・・・!」と途方に暮れるが、まあ別に現地で予定があるわけでもなし、夕食にありつければ御の字、と観念してホームに新聞紙敷いて座り込んで過ごす。赤ちゃん連れの旅行は、もともと予定はあってないようなもの。不測の事態(天候含む)への備えは余念ないわけで、初日の嵐くらい、なーんともないざます(←負け惜しみ)。結局14時半に電車は出発し、あとはあっという間で明るいうちに着けたけど、余裕でグアムあたりと同じくらい遠かったぞ南房総!
はあ。来るだけで疲弊した分、あとは夕食の魚と温泉を堪能した。
ところで、以前オットと2人で旅行していた頃には、オットの「やや雨男疑惑」を私の「晴女度」が凌駕していたようで、天候には大抵恵まれていた。それが、過去3年間の子連れ旅行の統計をみたところ、薩摩で台風に遭遇したり、ランカウィ島では嵐で飛行機が着陸出来ず、やっと着いた途端どしゃどしゃだったり、那須では同じように春の嵐で東京駅まで3時間かかったり。その他、松本でも伊豆でも箱根でも別所でも雨に遭ったな。
セガレ、嵐を呼ぶ男、大決定。
[PR]

by pi-tang | 2009-03-14 23:17 | 旅行