3月後半の前半。

さて、3月後半は予想通りとはいえ、それなりにテンパっておりました。「小さい子がいて引越しは大変ね」と多くの人に言われましたが、「賛成」に一票(笑)。よりによって珍しく私の体調もすぐれず、オットは相変わらず平日使い物にならない。(私としては非常時なんだからたまには早く帰ってきて!と悲鳴モードでしたが、まあ年度末だしどちら様も忙しいですな)。保育園と実家のサポートなしには立ち行きませんでした。
以下、引越週間の出来事。
3月17日: 前週あたりから鼻水が止まらなくって、いよいよ私も花粉症かと観念しつつボーッと過ごしていたのだが、この日の午後突然39度の発熱。「なにもこの『片付け週間』に!」と慌てて耳鼻科へ駆け込む。内科系で医者にかかるのなんて実に約20年ぶりだー。(職場の診療所で風邪薬もらったことくらいはあるけど。)インフルエンザの疑いまでかけられてへこむが、その場での検査結果は陰性。
3月18日: 一晩寝たら熱は下がった。単に旅行疲れと引越の興奮からの知恵熱だった?(子供か。)でも「全身これ鼻水」みたいな状態が続く。薬を大量にもらったけど、授乳中だし抗生物質とかあまり飲みたくないので、騙し騙し。(というのが3月中ずーっと続いた。)実家の母にスースーのお守りと私への発破かけをしてもらいつつ、片付け。
3月19日: 保育園で4月からの新クラスのお知らせをもらった。現在3組に分けられた2歳児クラスの30名が、新年度は2組15名ずつになる。ちゅうりっぷ組のお友達は2つに分断され、セガレは「さくら組」だそうだ。担任の先生も変わってしまう。ああ、春、春だね~。
3月20日: 休日。朝自転車でセガレを実家に預けて、終日オットと片付け。それにしてもいつの間にこんなにモノが増えたのじゃ?新居は今の所より狭く到底納まらないので、実家の、私が昔使っていた部屋を倉庫として使わせてもらうことにした。冬物などの当面不要なモノはじゃんじゃんそちらへ。それにしても、オットは筋金入りの「捨てられないし捨てたくない」オトコだ。私の「捨てたいけど捨てられない、でもこの際捨てる」という固い決心のもと、小競り合いが続く。
夜は保育園のクラスの交流会@駅前の居酒屋。8家族+担任の先生2名で部屋を借り切って、子供たちは今回も大興奮。このメンバーでは最後の交流会。
3月21日: セガレは実家へ。朝から梱包のお姉さんが2名いらして、キッチンと本棚の荷詰めをしてくれた。ばっちいキッチンを見られるのは相当恥ずかしいが(特に使いかけの乾物とかグシャグシャしてて)、この際助かる。私とオットも並行して片付け。スースーは転がせておけば結構長いこと独りで遊んでくれるので助かる。
冷蔵庫も既に空っぽになった。夕方実家にセガレを迎えに行き、そのまま夕飯をごちそうになった。
[PR]

by pi-tang | 2009-04-01 22:10 | 雑記