3月後半の後半。

3月22日: 引越当日。9時前に運送屋さんのトラックが到着。セガレもトラックを見たいかなと思って、今日は実家には預けずにばあばに来てもらった。どんどん運び出される段ボール箱。みるみるおうちが広くなった。この社宅にはちょうど4年間住んで、その間子供が2人生まれた。子供(セガレ)にはこのおうちの記憶は残らないんだろうなーなんて思うと一抹の寂しさを感じる。しかしセンチメンタルになっている暇もなく、昼過ぎに一同「歩いて」引越し。昼食は新居の近所の中華粥のお店で。夜はスーパーで惣菜買ってつついた。スーパーでお寿司のパックに目がくらんでしまったため、「引越しそば」食べ忘れちゃった!
3月23日: 新しいおうちから、初めての通勤・通園。保育園がこれまでより遠くなったので(自転車で10分強くらい。今までは約3分)、出発時間も10分ほど早まるかな。セガレは引越でナーバスになっているかもと思いきや、意外と張り切っているので助かる。
2人が出発したあと、私はさて、ダンボール箱と格闘開始。「食う」優先で、まずは台所を最低限整えないとね。それにしても、不要なモノは全て実家に運んでもらったつもりが、なんだか余計なモノがいっぱいこちらに来ている。スースーの雛人形とか、向こう1年絶対要りませんから!いわんや埃かぶったダイビングの道具なんて!運送屋さんへの指示ミスなんだけど、引越渦中の判断力のなさに、我ながら笑える。が、納まらないモノは納まらないので、父に出動してもらい実家の車を借り、2往復して(片道20分)また結構な量を運び出してちょっとだけスッキリ。
3月24日: スースーとベビーカーで市役所へ転居の届け出に行った。市役所は団地のお隣なのでラクちん~。ついでに保育課へ行って、将来市外に転出した際の転園の手続きについて説明してもらった。引越先の市も厳しそうだなー。まだ先の話だけど、2人とも希望通り保育園に入れるのか結構不安だ。
3月25日: 3月も下旬なのに、今週はお天気が今イチで寒い。仮住まいは春夏なので暖房のことは考えていなかったが、今まであった床暖房がないとだいぶ違うなあ。私は相変わらず鼻がグズグズで、そうなると当然のようにスースーも少し鼻に来ている。早くスカッと春の陽気が来ないかな。
3月26日: 保育園へのお迎えは、スースーとベビーカーで。行きは15分程度の道のりだが、帰りはセガレと歩くと、何かとチェックポイントが多くて倍近くかかる・・・。園のお散歩コースを教えてもらいながら歩くのは楽しいんだけどね。(ガードレールのある道でその中に入ると、「ここは手をつながなくてもいいんだよ!」と教えてくれたりして、頼もしい。)しかもルートのちょうど真ん中くらいに、なんと図書館が!ヤバー!セガレが毎日寄りたがること寄りたがること。時間に余裕がありさえすれば、素晴らしい環境なのだけれどねえ。まあ、週に1度くらいの「お楽しみ」にしましょかね。
3月27日: 三鷹駅まで歩いて出て、コマゴマと買物。台所や洗面所につけるフックとか収納の小道具とか、細かいニーズが満たされて満足。本日の片付け格闘相手は、オットが持ち込んだ大量の本。週末にオットが書棚に戻す算段だけど、いかにもこの半年間は読まんでも済むだろうよという本は、留守のうちに私が容赦なくダンボールに封印して納戸の奥にしまいこんだ。オホホッ。
部屋中に積まれた段ボール箱はとりあえずやっつけて、1週間で最低限暮らせるようにはなったかな。来週以降、棚の中とか「見えないところ」をボチボチ片付けよう。
[PR]

by pi-tang | 2009-04-02 10:06 | 雑記