春がきたんだ。

2月から3月ごろ、セガレは保育園で習った「春がきたんだ」という歌をよく歌っていた。
 ♪はるのかぜが ふいてきたら
  メダカもチョウチョも ことりたちも
  うれしそうに わらうだろう
  はるだよ ぼくらの はるがきたよ
  きたかぜなんか あっちのほうへいっちゃえ
  すてきなはるが ほんとにきたんだ わーい!わい!
 ♪はるのかぜが ふいてきたら
  キャベツも モグラも しろいくもも
  たのしそうに うたうだろう
  はるだよ ぼくらの はるがきたよ
  なかまじゃないか ぼくたちみんな
  まってたはるが ほんとにきたんだ わーい!わい!

私は知らない歌だったけど、嬉しそうに歌うセガレに合わせて私も口ずさんでいたら、すぐに覚えてしまった。歌詞もメロディもかわいい。
という伏線があり。
今日セガレと、「今日は春の風だったね」と話をしていて、「きっと、メダカもチョウチョもわらったね~」と私が言ったら、セガレが、「うんそうだね。キャベツもモグラも、しろくまもね!」とのたまった。
・・・しろくま???
どうやら、「しろいくも」を「しろいくま」だと勘違いしたまま歌い続けていたことが判明。私が「雲でしょう」といっても、「くまだよ!」と言い張るので、はあそうですか。
・・・しろくまは、暖かい春はあまり歓迎しないと思うけど・・・???
[PR]

by pi-tang | 2009-04-22 22:58 | セガレ