ご褒美もらった。

今日も朝から雨で、父ちゃんとセガレは初めてバスで登園。雨はその時間帯が一番ひどかったようで、その後ほどなくして止んじゃった。(送る立場としては、こういうのが一番トホホだ。)
昼間は一旦晴れたものの、夕方にはまたアヤシイ黒雲が。逡巡したけれども、結局エイヤでお迎えには歩いて行った。保育園を出る頃にはやはり降り出して、でもなんとも微妙に、セガレと私は合羽を着ていればカサは要らない程度。カサはベビーカーのスースーにさしかけた。そんな雨もすぐに止んで、セガレに「フード脱いでいいよー」と声をかけて歩いていると・・・。
前方から自転車に乗ったおじさんがフラフラと近づいてきた。それが、こういっちゃナンだけど、母ちゃんがちょっと警戒しちゃうような風貌。私が「すわ、うちの子になに用?」と思った瞬間、おじさんがセガレに、
「ボウヤー、虹見たことあるかい?」
と私たちの背後を指さした。え、なに?と振り向くと、うわー、大きな大きな虹!
セガレは初めて本物の虹を見た。私もとても久しぶり。すごいすごい。道行く人たちがみんな見とれている。おじさんも、虹に見とれて自転車フラフラしていたのね。大変失礼致しました。
セガレは私と虹の色を数えて、そして、「にじはどこからはえているのかなあ。ああ、きっと、がっこうのおにわからだね。」と自問自答。(学校の辺りの木立から出ていたので。)うふふ。そうかもね。
 雨おして来しご褒美や虹立てる
[PR]

by pi-tang | 2009-05-07 22:38 | 雑記