ポニョがきた。

今月頭に発売されたポニョのDVDを購入した。去年の公開時は私はお産だったし、セガレも「映画館なんて暗くて怖くてまっぴらごめん!」が全開だったので、無理よね~、と観に行かなかったのだ。
おうちでの鑑賞会、セガレはしょっぱなからグイグイ引きこまれたようだ。折しも「海の生き物」に興味津々のお年頃なので、格好のタイミングだったかな。
が、後半のクライマックス、じーっと観ていたセガレが、突如うわーーーーん、と号泣。はて?母ちゃん抱っこしてそのまま一緒に観るが、ハッピーエンドで終わっても、でも泣き続け!どうしたの?何がこわかった?と聞く母ちゃんに説明も出来ないほど、泣き続け!
どうやらポニョが死んじゃうかも!ってあたりから、緊張しすぎて糸が切れたものと見受けられる。なんだかな。刺激が強すぎたってことなのかな?
それでも、ポニョのお話は大好きになったみたいで(その後も観たがってるし)、ひとまず良かったね。
ちなみにポニョはスースーにそっくりだ。(と、日本中の小さな女の子の親の9割がそう思っているに違いないけど。トトロのメイちゃん同様。)セガレはスースーのことを本気で「ぽにょー!」と呼んでいる。そして当然、自分は「そうすけ」だそうだ。なりきっている時は、私がセガレの名前を呼ぶと、「そうすけでしょ!」と訂正される。・・・はあそうですか。失礼しました。
[PR]

by pi-tang | 2009-07-23 23:47 | 母業一般