お魚と泳ぐ。

今日はナンユアンという島への、1日シュノーケリング・ツアーに参加した。
事前のリサーチによれば、ビーチの波打ち際すぐに魚がウヨウヨ来るので、浮輪でも魚が沢山見れると言う。是非セガレを連れて行きたいが、1歳児はねえ…。現地の手配会社に問合わせたら、パラソルとチェアを借りれば日陰は確保できますよー、桟橋からしばらく、ビーチ手前まではベビーカーも通れるし、赤ちゃん連れで参加する方もいますよー、と。ほんとかな?と半信半疑ながら申し込んでみた。
7時過ぎに迎えのバスに乗り、島北部の桟橋まで40分くらいドライブ。桟橋でチェックインして大きなカタマランに乗ると、意外にも満員で熱気ムンムンだ。主にヨーロッパの人たちかな。島をホッピングしてバンコクまで行く船らしい。
島まで90分と聞いていたのが2時間かかった。子供の船酔いを心配していたが、2人ともほぼずっと爆睡で無事。その代わりに私が軽く酔ってしまった。(体質変わった?加齢??)
c0053700_1551327.jpgさてナンユアン島。入島人数に制限を設けて環境を保護しているというだけあって、島の景色もお魚もすばらしい。
ビーチからラムネ色の海にチャプンと足を入れた途端に、ほんとにウヨウヨ!
持参したパンをやるとウジャーとすごい勢いで群がってくるのには、セガレ大喜び。
スースーが立ってる周りにもウヨウヨ。スースー、お魚さんよー、わかるー??
陽射は確かにとても強いけど、今回は4人とも、旅行前に購入した新兵器ラッシュガードを着こんでいるので上半身の対策はバッチリ。でも顔は・・・焼けるなこれは。
島のレストランでビュッフェのランチを食べて、その後もしばしお魚と遊んだ。
セガレは浮輪に乗って、すぐ近くの岩の周りを何回もグルグルしてゴキゲン。c0053700_1563979.jpg父ちゃん母ちゃんも、交替でシュノーケリングをそれなりに楽しんだ。
私としては欲を言えば、セガレに水中マスクで水中の魚を見せたかったんだけど、今回はそこまでは無理だった。あと数年かな。
3時発の船に乗って、また子供爆睡・母ちゃん半酔いで、5時にサムイ島に帰着。
スースーも無事だったし(確かに赤ちゃん参加者も数名いた)、セガレには楽しい体験となったようで何より。結果オーライだけど、もう少し船旅の時間が短かったら言うことなかったかなあ。
夕飯はホテル近くの、キッズ・スペースがあるレストランでタイ料理。その後お部屋→バタンキュー。
[PR]

by pi-tang | 2009-09-23 23:59 | 旅行