新たな日常(スースー)。

セガレが保育園に行き始めて、さてスースーの新たな日課は。
9時の登園にはスースーも歩いて(ベビーカーなしで)一緒に行く。ニイニイにバイバイして、園の門を出ると、スースーの「ナンマイ、っち(こっち)!」との誘導にしたがって、そのまま対面の神社へ。
鈴の緒を振ることを覚えたスースーと一緒にお参りした後、これまた彼女のお導きで、脇の湧水の池(水たまり)に行く。スースーは周りの砂利から、「どぅんじ(どんぐり)!」または「いーし(石)!」と叫びつつ、それらを拾ってきては、「ナイナイ!」と言いながらそれを一粒ずつ池にポイする。・・・というのを20回くらい繰り返す。
はいじゃあおうちにかえろうか、という段になると、おもむろに狛犬に寄って、また砂利の小石を3粒くらい拾って、それを狛犬の足元に乗せる。(私が1回やってみせたら、もう毎回やらずにいられなくなってしまったらしい。)
・・・儀式終了。帰途につく。
冬の朝の神社はとても気持ち良い。別に急ぐ用事もないので、スースーのペースでのんびりと過ごして、なんだかとても贅沢な時間だわん。
神社の梅がほころぶのも、もうすぐだ。
[PR]

by pi-tang | 2010-01-28 23:58 | スースー