親御さん所見。

昨日の面接時に提出した書類に「児童票」というものが含まれていた。出生時の体重身長から、簡単な成育歴、今の生活状況など結構多くの質問が並ぶ中に、「親から見た性格」という項目もあった。うーん、改まってそう聞かれるとねえ?
まずはセガレ。・・・1分間くらい考えて、
『やさしい。慎重。グッと我慢してしまって感情爆発が苦手(良くも悪くも)。』
と書いた。最後の点は、前の園で先生に常々言われていたのだわー。
続いてスースー。こちらは10秒で書いちゃった。曰く、
『(兄がいることもあり)たくましい。ごきげん。マイペース。』(笑)

それにしても、特にセガレについてなんだけど(年齢柄)、改めてこういう質問をされると、親としてつい「欠点」をまず並べてしまいそうになる自分がいた。「怖がり」とか、「モジモジする」とか、そういうのが最初に浮かんでしまって。(要はそれを換言した結果が「慎重」という表現。)
それはそれで伝えるとしても、良い点をもっともっといっぱい認めて表現すべきだったかな、とちと思う。もう提出ちゃったからしょうがないけど。欠点なんて、今後の長い人生、放っておいても他人様(先生とか)から指摘されるだろうしね。母ちゃんはあくまで能天気に、その子供の良いところをアピールした方が良いのではないかと。今後留意しようっと。
[PR]

by pi-tang | 2010-02-19 23:37 | 母業一般