スキーに初挑戦。

朝起きたらこれまた予報通り、晴天!スキー日和だ!
10時前にみんなでスキー場に行って、さて、今日はセガレいよいよスキー初挑戦。セガレに教えるほどの技術は持たない両親なので、午前中は予定通りスクールに入れてみた。(なんせEちゃんのご親戚筋だしね。)
生徒はセガレと、もう1人同じ年頃の男の子の2人。緊張の中にも張り切っているセガレをハタから見ていた心配母ちゃんは、わ、ブーツ履いた!わ、板つけた!わ、板つけたまま準備体操している!といちいち過剰反応したりして。それにしても先生って子供にもうまいこと教えるのねー。例えば、スキー板を「ハの字」に揃えるのを称して、「親指親指コンニチハ」だそうだ。ナルホド!
キッズゲレンデでスースーと遊びつつ(Hくんとチビッコチーム2人で微妙に仲良くつるんでいた)、セガレの様子を遠目に眺める。そのうちにとうとう、先生とリフトに乗って上に行っちゃったー。きゃー大丈夫かしらん??
それから1時間ほどもたった頃か、スキーを履いたまま無事に「下山」して来たセガレの、ちょっとお得意&ほっとしたような笑顔を見た時には、結構本気で感動した。(親バカ。)ひゃ~ほんとに滑り降りてきたの~。(ゆるゆるの斜面だけど、でもねえ!)先生によれば、上で1回、転んで起きれずに涙を見せたそうだけど、それ以外は概ね順調だったそうだ。それはそれはがんばったね~。
みんなでお昼ごはんを食べた後、午後はスクールは「もういい」とセガレが言うので(さすがに疲れたみたい)、一緒に遊んだ。スースーがお昼寝したりして、私はなかなか身動き取れないけどそれは仕方ない。それでも、Eちゃん達が交代でいっぱい子守してくれたので、とても助かった!
セガレと1本だけ、一緒にリフトに乗って一緒に(ほとんど私が抱きかかえつつ)降りてきた。セガレ重かったけど、でも楽しかった。
夕方、バスで湯沢駅に出て、帰京するEちゃん親子と解散。大変お世話になりました!
私たち一家は駅前の温泉旅館でもう1泊。オットが実は勤続20周年だそうで、なんかその記念。わーい。部屋つきの温泉からは新幹線がよく見えて、子供たちも嬉しい楽しい。美味しいご馳走頂いて、子供が寝た後は、部屋でオットと越後銘酒のコップ酒各種でまったり。お酒も美味しすぎー。
[PR]

by pi-tang | 2010-03-14 23:46 | 旅行