名乗ってます。

入園式が明日に迫り、私はスキを見ては、子供たちの洋服やタオルなど持ち物への名前付けに余念がない。食事用エプロンなどの縫物関係は、吉例に倣って実家の母に外注して事無きを得た。ありがとうございます~。
スースーに、靴下に書かれた自分の名前の文字を教えてあげたら、随分嬉しかったようで、その後いろんなものに自分の名前を見つけては、「しじやー」とか「ししざー」とかって、喜んで読んでいる。(彼女のカツゼツだとそうなるのね。)ついでに、私がセガレの名前を指差して「これは?」と聞いても、嬉しそうに「しじやー」だって。それはちがうよっ!
そういえば最近は、写真や鏡にうつったスースーを差して「これだあれ?」と聞くと、自分のことを「しゅしゅ(スースー)」って言えるようになった。いつの間に、どうやってアイデンティティ確立したんだろう。不思議だな~。

さて今日は急遽、職場の先輩で育休メイトのMさんが、お子ちゃま3人連れて遊びに来てくれた。最近お母様が、うちからほど近い病院に入院されたので(ご実家がこの近所)、横浜からその介護に通っているという。奇しくも私と同じ日に職場復帰予定なので、その前に覗いてね~、と言っていたのだ。
Mさんとは、前回の育休時期がお互い入れ違いだったので、会うのは実に約5年ぶり。でも久しぶりにおしゃべりして、わーここにこんなに心強い先輩がいたー、という思いだ。(昔一緒にスリランカ出張したのが懐かしいけど、はるかに遠い過去だわ~。)
子供たち同士は当然初対面ながら、お昼ごはんのカレーを一緒に食べ終わった頃にはもう仲良し。この後、子供を連れて病院に行くというMさん、3人は大変そうだからと、上の2人(2年生くんと3歳くん)を預かることにした。一番下の女の子(スースーと1ヶ月違い)だけ連れて、お母さんが外出していた3時間弱、留守番組はなーんの問題もなく、うちの子供とよく遊んでくれた。(2年生ってしっかりしているなあ!)今後も託児所としてご利用あれ。
しかし、子供3人いて復職・・・すごい。すごすぎる。私もがんばらねばー。しかもお母様の介護までなんて、頭が下がるばっかりだ。早く状況が良くなりますように。
[PR]

by pi-tang | 2010-04-02 23:30 | 雑記