たかんな三昧。

お隣の竹薮を覗きこんでいたオットが、「あるある!」と筍を発見した。
お隣の御宅には高齢のおばあちゃまが独り暮らしされている。この大量の筍どうするのかなあ?取るのも大変よね?取らないのはもったいないよね?としばし夫婦で勝手に悩んだ挙句、意を決して、直談判とばかりにおばあちゃまに聞いてみたら、結論として、「そちらに沿った辺りのは、ご自由に取っていいですよ」と言って頂けた!うわうれしい。ありがとうございます~。(代わりに?おばあちゃま分の筍を掘るのに、オットがちょっぴり労働提供をした。)
筍掘りなんて、実は生まれて初めて。最初のうちは私は全く見つけられなかったが、セガレと一緒に探していたら、だんだん目が肥えてきた。「あ、ある!」「あそこにも!」と、まあ、実際にシャベルで掘るのはもっぱらオットの役目なんだけど。
昨日今日で、大小取り混ぜて10本近く掘らせて頂いた!
昨日は掘りたてを茹でずに天ぷらにして、お客様と一緒にモリモリ頂いた。今日は糠で茹でて、とりあえず筍ご飯にしてみた。まだまだこの先しばらく楽しめそうだ。
ああこの春は、つくし、よもぎに続き、「タダほど旨いものはない!」(最近の我が家の合言葉)を地でいっているなあ。
それにしてもお隣の竹薮は、日頃の借景もステキだけれども、ウグイスを呼んで筍を産んで、ああなんて貴重な存在。そしてついでに夏には大量のヤブ蚊を産むことが必定なんだけれども・・・。今筍のうちに掘っておけば、薮が空いて今年の夏は蚊も減るかな?そうだ、そのためにも、せっせと掘らせて頂きましょう!?
[PR]

by pi-tang | 2010-04-18 23:07 | 雑記