御柱祭に行った。

今年の我が家のGWイベントは、諏訪の御柱祭。本宮のお膝元にお住まいのRさんからお誘いを頂いて見物に行ってきました。
6年に1度の「天下の奇祭」。前回の6年前には山出しを見たので(当時は子供はいなくてオットと2人)、今回は是非里曳きを。しかも今回は、Rさんの地元の集落が初めて「本一(本宮一の柱)」を引き当てたということで、我々ヨソ者としてもおのずとテンション上がります!
Rさんのお宅で、ご親戚や俳句の仲間と一緒に合宿状態の3日間でしたが、そんなのも新鮮。Rさんの周到な心配りで、セガレとスースーにも法被が用意されていました。馬子にも衣装だー!
夜は2晩とも、Rさんにお祭りのアレコレを伺いながら(見ていて不思議なこと、気になることの多いお祭りで、さながら質問大会!)、馬刺しを沢山頂きながら、「真澄」「高天」「麗人」を次々と頂き・・・あらシアワセ。
3日間とも暑いくらいの天気で、山も花も新緑も鯉のぼりもとてもキレイで快適でした。私たちは4人で法被着てウロウロしながら、初日はちょっと柱を曳いて(本一ゴリッパ!)、翌日も柱を少し曳いたあと本宮への曳付けを見て、最終日は前宮の新しい御柱(前日に建った)を見に行って・・・とそんな感じで過ごしました。午後の本宮の建て御柱は、帰りの特急あずさの時間の関係で見ることが叶わず残念・・・次回のお楽しみ?
子供たちも、諏訪の沢山の自然と戯れて、土蔵のある大きな旧家に寝泊りして、そしてご一緒だった方々にグリグリかわいがって頂いて、得がたい経験でした。そして、セガレが祭が好きなのはとうに知っていたけど、スースーが兄ちゃん越えくらいの祭好きであることが判明したのが、何よりの収穫?
Rさんにはすっかりお世話になりまして、感謝感謝です!
[PR]

by pi-tang | 2010-05-04 23:03 | 旅行