花火大会。

昨日は保育園の後に地元の写真スタジオに行って、スースーの誕生日写真を撮ってもらった。(誕生日当日ではなく、1日遅れになってしまったのが遺憾。)
受付して待合室で待っている間は普通にゴキゲンだったスースーだったが、名前を呼ばれてスタジオに入った途端に、緊張して私にぴとっとひっついてきた。そしてその後は、まあなんちゅーか内弁慶というか、終始母ちゃんから離れず、カメラマンさんには全く心を開かない。どーいうこっちゃ。カメラマンさんと私があの手この手で、あれこれおもちゃ出して気を引くが、ほとんどニコリともしない。・・・頑固だわー。
30分ほど掛けて何十枚も撮ってもらったけど、出来上がりは、笑顔の写真はなくておすまし写真(←ポジティブ表現)ばかりだろうな。まあ2歳の誕生日の頃はそんなだった、ということで仕方ないか。
さて今日は、夕方から昭和記念公園の花火大会へ。来るのも3度目となり、恒例化してきた。
5時過ぎに着いたら、夕立が降った後だったようで存外涼しくて、例年になくラクちんだ。場所取りしてほどなく、実家両親も合流して、おにぎり食べながら開始時刻を待つ。
ドドーンと始まると、セガレはキャアキャアうひょー、とナイスリアクションで大喜び。
が、スースーは・・・泣いた。ドドーンの音に負けじと号泣。音も怖いが、降ってくる大輪の花も怖いらしい。一発揚がるごとに、出口の方向をしきりと指差して、「やなのー!かえるー!」と。
実はこの方、去年も泣いておりまして。こんなキレイな花火を喜ばないなんて、ありえない!と思うけれども(他に泣いている子供いないし)、そうなると去年私が立てた仮説(原始体験で花火が怖い)が、ますます信憑性を増すなあ。来年あたりまた泣いたら、スースー本人に聞いてみようっと。
でもまあ、後半は慣れてきて、それなりに見ていた。あまり喜んでいる風ではなく、「もうなんなのよこれ、はやくおわってよ」くらいの表情だったけど。あのねー、こういうのは、楽しまなきゃソンよ、スースー。
ということで、スースー以外は全員すっかり満喫して、帰宅した。
[PR]

by pi-tang | 2010-07-31 23:10 | 雑記