スースのす。

スースーのこの頃は、なんだか毎日脳みそのシナプスがブツブツ音立ててつながっている感じで、新しいことをどんどん覚えていく。
お話もますますいっちょまえ。保育園のできごと報告も上手になってきた。
(ただしそう思っているのは母ちゃんだけで、スースー語は一般にはまだ難解らしい。父ちゃんもまだ中級レベルで、しばしば私の通訳が必要。)
「掛け合い」も立派なもので、私が例えばリンゴを指差してわざと、「これミカンだねー」と言えば、
「ちがうでしょ、りんごでしょーーーー」
って嬉しそうに指摘してくれるし、こないだはなんかの拍子に
「たぶんそうだね!」
と言ったので母ちゃん腰を抜かした。な、なによタブンって!(意味理解して使っているかは不明。)
そして先月あたりから、絵本やお便りなんかで
「すーすーのす!」
の字を見つけるのがすごく上手になった。自分の名前の3文字、ひらがなカタカナどっちもOK。小さいフォントでもちゃんと見つける。ついでに園のお友達の「るりちゃんのるーー!」もすぐ見つける。(だから、「〇〇する」なんていう表現を見つけると大興奮。)
ちなみに兄ちゃんの名前の「よ」もわかるんだけど、「ニイニのよーー!」と得意げに指すのが、「は」や「ほ」だったりすることもある。・・・ちょっと似てる・・・よね?
・・・とここまで書いて、なんか大昔、セガレの時にも同じようなことをブログに書いた気がする、と思って探してみたら、あったあった
セガレ2歳6ヶ月当時のお話。スースーは今2歳3ヶ月。兄ちゃんの絵本やらなんやらで、文字に囲まれている環境としてはスースーの方が圧倒的に多いので、順当なのかな。
[PR]

by pi-tang | 2010-11-05 22:54 | スースー