わら細工。

午後から「田んぼの時間」に参加。先月収穫祭も終わって、田んぼはすっかり休耕田となっているが、今日は「稲藁」を使ってお正月飾りを作りましょう、というイベントだ。
縄をなうなんてこれまた滅多に出来ない経験。10数家族が集ってわいのわいの、世話人の方に教えてもらいながら作っていった。
楽しそう~、と思いつつ、私はスースーが敷地内の畑を駆け回るのに付き合うのに忙しく、お飾り作りはセガレと父ちゃんに任せた。
その間スースーはあちこち探検して、たわわに実のなったミカンの木の下にポトポトと落ちている実(キレイめの)を拾って食べるのに忙しい。4個くらい食べたんじゃなかろか。ユズもいくつか拾った。小春の暖かい日だったけど、畑の風景はすっかり冬だ。
c0053700_0331329.jpg1時間半ほどで、キレイな輪飾りを無事に2つ作って、解散。セガレも父ちゃんの助手としてよく働いたようだ。(結構力が要るそうで、オット曰く「こりゃあ男の仕事だろう」と。)
今日が「田んぼの時間」の最終回。4月以降、毎回すっかり楽しませてもらった。来年春からも、是非また参加したいなー。
オットは藁をもらって家にまで持って帰ってきた。初めての縄ないにハマってしまったらしく、お正月に神棚に飾る「ごぼう〆」まで2本(自分ちのと私の実家用)作ってご満悦。素人手作り感満載だけど、正真正銘、地元産無農薬の稲ワラ細工だから、地元神様も喜ぶでしょう。(今年張っているのは、スーパーで買った多分中国製だからね。)
輪っかの1つは、お正月用の飾りとは別に、季節柄こんなにして玄関に取り付けてみた。家にあったデコレーションを適当にあしらったので、しめてゼロ円なり!
[PR]

by pi-tang | 2010-12-11 23:03 | 雑記