ふくはうち。

そんなわけで節分。
今夜は父ちゃんが会合で遅くなるというので、仕方がないので朝から豆撒き。バタバタしつつも、家中の窓という窓から、鬼は外!した。
保育園でももちろん豆撒き会があったようだ。この保育園では、鬼は来ないで「福の神」が来るらしい。良いことだー。
帰宅後、ものすごく真剣に子供たちに、
「福の神ってどこから来たの?もしかして神社から来たんじゃない?」
と質問してみたところ、しかしセガレはあっさり、
「ううん、〇〇先生がお多福のお面かぶってた」
と。・・・あ、そう。(つまらんな年中さん。)
さて今日の夕飯は、母ちゃんが帰宅途中に、途中駅の駅ナカで買ってきた恵方巻きなるもの。関東人としてはハッキリ言って全くなんとも馴染みのない風習だけど、夕飯に堂々とラクできるイベントとあっては、これにかぶりつかないテはございません。
大きなのを買ったつもりだったのだけど、寿司好きセガレとスースーにあっという間にかぶりつかれて、母ちゃんの口には1センチくらいしか入らなかった。まあいいや。子供たちが福を呼んで、母ちゃんにもお裾分けしてちょうだいな。
朝「福はうち」で撒いたお豆をそのまま放置してバタバタと家を出たのを、子供たちは夜拾ってポリポリ。特にスースーがお気に召したようで、年齢の20倍くらい食べていた。春よ来い。
[PR]

by pi-tang | 2011-02-03 23:41 | 母業一般