伊予路。

朝7時すぎに皆でまた浴衣のまま宿を出て、道後温泉本館にて「朝食前のひとっ風呂」。わわー贅沢だ。
子供には、「父ちゃんと母ちゃんとどっちとお風呂入る?」と毎回聞くのだけど、今朝は2人が声を揃えて「かーちゃーん」と。ああ、そうですか・・・。由緒あるお湯も、子供と一緒ではのんびり満喫というワケにはいかないけれど(熱がるのでカラスの行水!)、仕方がない。早朝だというのに結構な混雑だ。昼間や夕方はもっと混むのかな。早く来て良かったかも。
宿に戻りバイキングの朝食を頂いて、チェックアウト。道後温泉駅から、「坊ちゃん列車」に乗って街中まで出た。(ちなみに今回の我々、相当乗物ゲームだった。飛行機、タクシー、高速バス、電車、路面電車、フェリー、ジェットフォイル、そしてまた路面電車!)
荷物を預けて、松山城を目指す。ロープウェイとリフトもあったけど、登山づいている勢いで、今日も歩いて登ることにした(スースーはベビーカー)。今日も薄暑で、緑がムンムンと薫る中を30分あまり歩く。途中で、「虚子の句碑はどこですか?」と地元のおばあさんに道を尋ねたら、その後上まで一緒に歩いてくださって、ガイドさながらにお城の説明をしてくださったのでとてもタメになった。
立派な美しいお城!天守閣にも登って景色を楽しんだ。お城の中グルグルして、子供たちも大喜び。
お茶屋さんでアイスクリームを食べて、また歩いて降りてくる。
道中、セガレ作2句。(俳句の町ですから。)
 やまのぼりおしろへいったよのぼったよ
 こいのぼりプカプカくもをたべちゃった
繁華街へ戻って、昼食に名物鯛めしを頂き、そしてバスで空港に向かった。16時25分発の飛行機に乗って、18時羽田着。いやはや、移動も多くて慌しかったけれども、ぎゅっと充実の4日間でありました。
なんとなく実感したことには、これまでは子連れで旅行に行くと、子供ももちろんそれなりに楽しんでいるけど、どうも「親につき合わせている」という感じが強かった。でも今回は2人ともキャアキャアと、なんというか主体的に楽しんでいて、あーなんだかステージがちょっと変わったかなあ、と。
これからも、一緒にいろんな所に行けるといいね。
[PR]

by pi-tang | 2011-05-07 23:39 | 旅行