プーケット記2。

時差のせいで私と子供も朝6時前から絶好調。まだまだ眠りたい父ちゃんの不興を買いつつ、ゴソゴソ→きゃあきゃあ。結局父ちゃんも諦めて起き出して、7時頃には朝食に行くことにした(我が家の休日にしては画期的な早さ)。エントランスから敷地内を移動するカートに乗って、海べりのレストランへ。ビュッフェであれこれ、特にヌードルとフルーツジュースが美味しかった。レストランも随分混んでいる。雨季でオフピークかと思っていたので意外だ。日本人の家族連れも結構多そう。(アジアンがほとんどだなー、と思っていたのだが、その後プール等では、ヨーロピアンも多いことが判明。どうやら朝早くからせっせと動くのはアジアンだけらしい!?)
食後は散策。広ーい敷地に3つのプールはじめ施設が散在しており、全貌をつかむのが難しい。自然たっぷりの中、子供は森の中でプルメリアの花を拾ったりカタツムリを見つけたり、芝生のオジギ草をつついたり。敷地内にはクジャクもいるらしいのだけど、滞在中に会いたいなー。
一旦部屋に戻って水着に着替えて、さあ海へ!このホテルの一番のウリは「ボン島」というプライベートの島を持っていること。早速行ってみましょう。桟橋からボートで10分、子供の船酔いを心配する間もなく着いてしまうのはありがたい。
木陰のビーチチェアを確保する間にも、子供たちははしゃいで既に波打ち際でぱしゃぱしゃ。浮き輪をふくらませて、レッツゴー。
とにかくスースーが水を怖がらないのが、親としてはちょっと怖いくらい。腕にフロートをつけてさらに浮き輪をつけてやるとゴキゲンで1人で沖の方まで行ってしまう勢いだ。じきに、浮き輪なしでも(腕のフロートだけで)ちゃぷちゃぷ。顔に多少水がかかっても気にならないみたい!
セガレはさすがに慎重派で、いちいちいろいろビビっていたが、ライフジャケットに慣れると少し安心したようだ。でも泳ぐよりは、波打ち際で波に押されるのが楽しいらしく、1人で飽きずに転げまわっていた。
シュノーケリングセットを借りて岩場の方に行くと、足の立つところでも魚が沢山寄ってきた。他の客がパンをくれたのでそれを手に持って水につけると、ピチュピチュウヨウヨとすごい勢いで指を食べられちゃいそうで、スースーも大喜びだった。今回セガレにシュノーケリングを教えようと思っているのだけど、今日はマスクとシュノーケルはなんとか使えたみたい。(でも透明度が低くて今いち。雨季だから仕方ないか。)フィンも使えるようになったらいいけど、そこまで行けるかな?
カヌーも無料で借りられるというのでセガレと挑戦したが、2人乗りなので、母ちゃんだけが漕いで疲れるというハメに。炎天下で暑いし!
なんだかたっぷり遊んでもまだお昼。(朝早かったから。)そろそろプールに行きたい!という子供のリクエストにより、12時半のボートでホテルに戻った。
プールでまたひとしきり遊んで、プールサイドで簡単なランチを食べて、また遊んで、3時前に上がって、プールに隣接するキッズクラブへ。プールに後ろ髪を引かれていた子供たち(すごい体力だ)だけど、キッズクラブの充実したおもちゃを前に、今度はそちらに夢中。アイスクリームまで頂いて食べた後、あとはぬり絵したりおもちゃで遊んだりして1時間あまりを過ごす。涼しくって、親もここが快適だわー。(ここは4歳以上は子供だけで預けても良いそうなのだが、スースーには親が同伴していないといけない。)
部屋に戻ったのが4時ごろ。いい加減2人とも昼寝してほしかったのだけど、一向にその気配がない。(呆れた体力!)
仕方がないので館内散策。フロントに近所のローカルマーケットのことを聞いたら、週に3回、今日日曜日も開催されているというので、歩いて行ってみることにする。でもこの時点でスースーはネムネムモード(当たり前)。今回はベビーカーを持参しなかったので迷ったが、おんぶひもでおぶって出かけることにする。と、あっと言う間に、ホテルのゲートに着く前にもう寝ちゃったよ!部屋に戻っても良かったのだけど、起きるのを待つと夕飯時間が遅くなるし、ということで重いのを背負いながら歩き続ける。
ホテルから出て大きな道を15分ほど歩いて、巨大な屋台村に着いた。美味しい匂いに誘われて近づくと、地元の人でとても賑わっていて楽しいぞ。なんだかわからない食べ物を眺めつつ一周して、マンゴスチンとドリアン(オットと私の大好物)を買って、あと夕飯用に、チキンのご飯、ゆで野菜、ガイヤーン(焼鳥)、ゲソの串焼きを購入。全部でしめて1000円くらいかな?
また同じ道を引き返す。スースーは目覚めたけどまだ寝ぼけているのでおんぶをオットに代わってもらって、でも今度はセガレが疲れたーねむいーと言うのを(当たり前)、さんざん鼓舞しながらなんとかホテルに戻ってきた。それが19時ごろ。
セガレはせっかくゲットしてきた夕飯も食べずに倒れこむようにしてお休みなさい。スースーは焼鳥と野菜をバクバク食べて、父ちゃん母ちゃんもシンハビールと一緒に諸処を美味しく頂いて、そしてまたバタンキュー。
[PR]

by pi-tang | 2011-07-17 23:18 | 旅行