プーケット記3。

海を見下ろす部屋からは、朝日が望める。毎朝雲が多いので日の出はまだ見ていないけれども、東の空が明るくなっていくのをバルコニーからセガレと眺めて(スースーはまだ寝てる)、のんびり幸せ。バルコニーに来たリスにも会えて、早起きは三文の徳だねえ。
今朝はスースーが8時まで寝ていたので、その後の朝食もゆっくりモード。園内を散策してからまた水着に着替えてプールへ。昨日のファミリープールとは別のガーデンプールに行ったところ、午前中ほぼ貸切状態ですごく贅沢だった。ビーチボール投げをしたりして遊ぶ。セガレはスイミング教室の成果を見せるべく?、昨日から背泳ぎとバタ足のカゲレンに余念がない。教室では必ず腰につけているフロートがないので不安そうなのだけど、私に言わせればあれは既に「お守り」みたいなもので、なくても自分で浮けるよ!ということをカラダで理解させようと、縷々コーチを努めてみる。だんだんコツを掴んできたようで、何回も何回も1人で背浮きしていた(姿としては、ちょっとあやしい)。
プールサイドでピザの昼食を食べて、2時から母ちゃんは、父ちゃんに子供を託してひっそりと、ちょっと失礼した。ホテル内のスパに行ってしまったよー。だってーオットが「行っておいで」って言うんだもんー。うふふ。あんまり幸せだったので、詳述は省略、ナイショ。
ぴかぴか母ちゃん(?)、4時過ぎにキッズクラブで3人と落ち合って、部屋に戻る。
子供たちはまたもや昼寝をしなかったので、夕飯は早目にとるべく、5時半ごろにタクシーでホテルからほど近いラワイビーチのレストランへ。ホテルで教えてもらった店、ビーチに面したテーブルで気持ち良い。(子供たちがやたらと海に入りたがって閉口したけど。)なんだかロマンチックな設定なので、フローズンカクテルなんぞと子供はフルーツシェイクを頼んで、乾杯。
タイのごはんを頼むのに、子供がいるからと頑なに「ノンスパイシー、ノーチリ!」と言い続けているのだけど、そうなると出て来るものは焼きソバもエビ炒めも野菜炒めも、大人には味がちっともしまらないことが判明した(当然か)。チリは別盛りでもらおう。せっかくノーチリにしたっていうのに、子供は海に行きたくてウズウズであまり食べないし!(下手にタイ料理を頼むより、子供にはピザやスパゲッティを頼んだ方が無難かも、と思い当たる。)
またセブンイレブンで買物してホテルに戻る。案の定、子供は8時にはおやすみなさい。
ところで父ちゃん母ちゃんは、毎晩酒盛りすべく、シンハビールやワインクーラーを買い込んで「子供が寝た後で♪」とか言っているくせに、ほとんど時を措かずに寝入ってしまうことには、なんとも困ったことだよ。いやーバルコニーからの満点の星、それは見事なのよ。明日こそは…これを見上げながら乾杯…できるかな?
[PR]

by pi-tang | 2011-07-18 23:30 | 旅行