プーケット記4。

今日もリゾートでのんびり。朝食の時間から日差しが強くて、暑い暑い。日本では台風が来ているそうだけど、こちらは雨季だというのにまだ雨に遭っていない。
今日もボン島へ行ってみた。今朝まで「しゅーしゅはかわへはいかないの!」と言い張っていたスースーだが(解説:「スースーは海へは行かないの!」の意。川と海がごっちゃになっているけど、つまり海の水はしょっぱいし波にもまれるので、プールの方がいい、ということのようだ)、ひとたびボートに乗ってしまえばゴキゲンだ。
島は一昨日よりもさらに空いていた。ホテル全体で、どうやら近隣国のチャイニーズが週末旅行から退けたとみえて、混雑度が下がったみたい。朝食のレストランで失敬してきた食パンを魚にあげて遊ぶ。砂浜には大きなカニやヤドカリも沢山いて、追いかけるのにも飽きない。
少し遊んで、でも一家の総論として「プールの方が何かと楽チンでいい」ということになったので、昼過ぎにはホテルに戻る。
その後は、子供たちはこれでもかってくらい水の中にいた。昼食を一瞬食べた以外は3時間近く漬かりっぱなし。ふやけるよー焦げるよー。スースーはプールサイドからジャンプ!でボチャンと飛び込めるようになったのがうれしいらしく何度も何度も挑戦していた。これって確かセガレは、去年まで怖くてへっぴり腰だったような?何かと肝の据わったコだ。
4時過ぎに、まだ後ろ髪を引かれる子供たちを追い立てるように、部屋に戻ってシャワーを浴びる。うわあ、だいぶ焦げてしまったねえ。スースーの鼻の頭は既に皮が剥けかけている。
夕飯はまた早目の時間にタクシーでラワイビーチ沿いのレストラン(昨日とは別の店)に出かけた。水槽のエビやカニを選んで調理してもらうというもの。カニの春雨炒めが美味しくて好評だったが、カニって、自分で食べるのもめんどくさいのに、子供のために剥いて食べさせるのはもっとめんどくさい!
7時半にホテルに戻ると既に真っ暗。またまた子供たちは、8時ごろまでにはおやすみなさい。

【セガレ御句・20日朝作】(俳句じゃないかな…)
タイではねほしがきれいにみえるんだ
きのうはねプールでいっぱいあそんだよ
タイにはねおさかないっぱいいるんだよ
このホテルロビーがすごいひろいんだ
きのうはねなかなかカートがこなかった (注:ホテル敷地内を巡回している移動用カートのこと)
[PR]

by pi-tang | 2011-07-19 23:06 | 旅行