プーケット記5。

昨夜は12時頃、ふとスースー(部屋に入れてもらったベビーベッドに1人でネンネ)に起こされたら、熱がある。母ちゃん寝ぼけながら計ったら38度。あちゃー、こりゃ絶対プール当たりだ!明日に限って象さんツアーがあるんだけど、どうかなあ、延期しようかなあ、とあれこれ考えてまた寝たら、朝には平熱に下がって本人は至って普通に元気だった。なんだったんだ。でも何でもなくて良かった。
エヴァソンに4泊したところで、今日はチェックアウトして別のホテルに移動する。初めてプーケットに来たので、別のエリアの別のホテルにも泊まってみたいなあ、という単なる欲張りというか貧乏性なのがその理由だ。とはいえそのために一旦荷造りをしないといけないのが懸案…。
朝食後、子供とオットをキッズルームに放り込んで、1人で荷造り。こちらに来て買物はしていないので荷物が増えているわけはないのだけど、なんだか納まらない。浮輪類の空気を一回抜くのも、数が多いので結構難儀だ。などと1人で格闘しつつ、12時にチェックアウト。その後も引き続きキッズルームに居座ったり(冷房効いてて快適なもんで)、敷地内の畑を散策したりして時間を過ごす。子供たちは今日もプールに入りたがるが、プールはお休み。スースーお熱だったしね。「あとで象さん乗るからね~」の一言で我慢させる。
14時に迎えの車が来た。ランドローバーのピックアップトラック!なんともワイルドだ。それにスーツケースから一切+4人を載せてもらって出発した。途中でアラブ人の一家も合流して、「アイランド・サファリ」に到着した。象トレッキングが一番の目的だけど、その前にいろいろとアトラクションがついているパックにした。
ガイドのお姉さんに従って、まずは牛車乗り。続いてサルのショー、タイ料理体験(ソムタムをその場で作って食べさせてくれた。スースーぱくぱく)、タイの田んぼ見学。どうやら「民族村」みたいなテーマパーク?になっていて、この中で全プログラムが経験できるようだ。いろいろと連れ回されるよりもコンパクトでいいかも。
小象のショーというのも見た。2頭の象が逆立ちしたりサッカーしたりダーツしたり。圧巻は「象さんマッサージ」で、希望を募られて前に出たら、1人ずつシートの上にうつ伏せにさせられて、象がモミっと踏みながら、鼻で顔をなでっとしてくれた!きゃあ。スースー以外の3人ともやってもらっちゃった。その後は、その場で買ったバナナ(10本くらい入ったカゴ1杯で60バーツ)をあげたり、象さんナデナデしたり。(スースーは1本やったら鼻で上手に奪われたのが怖かったようで、その後は固まっていたけど!)先月多摩動物園に行って遠くから象を眺めたのがウソのような親しさだー。
続いてムエタイを見学して、最後にいよいよ象トレッキング。私たち4人+象つかいの兄さんが乗ってもへいちゃらなんだから、力持ちだねえ。結構揺れるなか、水場の中に入ったり、山道をよっしょよっしょ登ったり、30分で意外と乗りでがあった。子供たちは楽しみにしていただけあって大喜び。念願かなって良かったね。(一昨年サムイ島でも乗ったのだけど、覚えていないよねえ。)
またトラックに乗り込んで、今日からの宿ル・メリディアンに移動した。エヴァソンとは打って変わって、大規模な豪壮な建物だ。こちらも施設が整っていて楽しめそう。プールの大きさ(島内随一の大きさらしい?)に子供たちは一気にハイテンションで、もう7時近いのに、泳ぎたい!と言い出す始末。明日いっぱい泳ごうね~。
夕飯は、ホテル内のビュッフェレストランに行ってみた。途中で子供たちはネムネム。部屋に戻ってシャワー浴びて寝たのが9時。ああ、ようやく普通の時間に寝た!(今まで毎日8時前だったので。)
[PR]

by pi-tang | 2011-07-20 23:10 | 旅行