エーゴを話す子。

テレビにロケットが映っているのを見ていたスースーが、
「スースねー、ロケット乗りたい!」
とおっしゃった。あら、いきなり大きな夢だこと。いいねー、大きくなったら乗れるかもよー。
ちょうどNASAのお姉さんが英語でしゃべっていたので、
「でもじゃあ、英語を話せるようにならないといけないね」
と教えてあげたら、
「じゃあ、Nくんはエーゴをしゃべるから、ロケットのれるね!」
と。同じあひる組のNくんは、外国人のご両親に連れられてこの春、日本に来たばかり。当初はご両親も全く日本語を解さず、Nくんも園で毎日泣いていたようだけど、最近はどうなのかな。スースーに聞く限り、子供同士とはいえ、まだ完全にコミュニケーションできるほどではないようだ。
でもスースーなりに、エーゴをしゃべるNくんの状況を受け止めて、認めてあげているのかな。仲良く遊んでね。
なんてことを思いながら、
「そーだねー、Nくんはいいね。すごいね!」
ということで話をまとめた。
で、オチとしては、Nくんことニャットくんは、ベトナム人。
しゃべっているのは英語じゃなくて、実はベトナム語なのよん。(なんてことには、スースーは気づきようもない!)
[PR]

by pi-tang | 2011-09-02 22:13 | スースー