稲刈り。

「田んぼの時間」では、いよいよ稲刈りの日が来た。
我が家は6月の草取りに参加して以来、7月はお休みし、8月はイベント自体がなかったので今日は3ヶ月間ぶり。その間何もしていないので(お世話役の方々はずっと管理してくださって、ご苦労様です)、「いよいよ」ったって、実感としては「あっという間に」だ。え、もうお米できちゃったの?という。
田んぼに着くと、確かにお米が実っていた。すごいなあ、自然。
稲穂には無数のイナゴやバッタがぴょんぴょん飛んで、セガレは素手で捕まえられるのが嬉しいみたい(スースーは怖くて触れない)。
さて、去年に引き続きの稲刈り経験。鎌を持って、今年はセガレも張り切ってサクサク。参加人数が多かったようで、去年よりもスムーズに、じきに田んぼは真っ黒(刈田)になってしまった。
稲穂を束ねて稲架に架ける作業をしながら、別の一団は豚汁作りだ。各家庭から好きな材料を持ち寄って、カマドの大鍋でグツグツ。
作業が一段落したところで、持参のお椀にたっぷりと豚汁をよそい、お弁当と一緒に頂きます。さながら闇鍋のように沢山の具入り、もちろんとっても美味しくって、セガレは2回もお代わりしていた。
田んぼ回りでは毎度のことながら、子供同士で楽しそうに遊んでいて、親としてもすごく助かる。果樹園の木には大きなハンモック遊具が架けられ、ウチの子達はそこに上りっぱなし。あと今日は、小学生のお兄さん達が小さい子達をリアカーに乗せてあぜ道を走り周ってくれて、みんなキャアキャア。楽しそうだー・・・。
そんなこんなで、毎回ながらタイムトリップ&場所トリップしたひと時を過ごした。
それにしても今日も暑かった~。終了後、その足でスイミングに行った子供たちが羨ましかった!(田んぼの泥んこ汗も流せて、一石二鳥?)
[PR]

by pi-tang | 2011-09-17 23:01 | 雑記