マザリング・フェスタ。

三鷹で「マザリング・フェスタ」という育児イベントがあるというので、幼馴染のMちゃん(今やママ友)を誘って出かけてみた。11時に三鷹駅で待ち合わせしたのだが、改札口付近はベビーカーと抱っこ紐の子連れママ達でパンパン。通りすがりの人達にはさぞかし異様な光景だっただろうと思う。
産業プラザのビルのワンフロアを使った会場では自然育児にまつわる多くの団体がブースを出していて、これまた赤ちゃんとママ達でパンパンだった。すごい熱気。
各ブースの人もことごとくママさんで、中には授乳したまま接客している人もいた。(とたまげたら、ズバリ、授乳服を売っているブースだった。)
このイベントの主催者である「自然育児友の会」というのは、私が出産した産院もソレ系だったこともあって多少馴染みがあるのだが、なんともはや、一言で言えばとっても「中央線的」。(詳細な説明は省略。)このイベントも中央線的パワーに満ち満ちていた。
暑い空調とその人いきれに若干気圧され気味だったが、それでも各団体からチラシをもらったり、肌着を買ったり、助産師さんの話を聞いたり、と、情報収集に勤しんだ。

その後お昼を買ってMちゃんと我が家に移動し、夕方までおしゃべり。
いやはや、世のママさん達はパワフルだ。それなりに刺激を受けた1日。
[PR]

by pi-tang | 2006-03-17 20:08 | 母業一般