ミッフィーがいっぱい!

日に日にパワーアップする小怪獣対策用に、棚の扉用のロックをようやく購入した。昨夜セガレが寝静まった後に、台所と洗面所のあちこちに装着。今までヒモでくくったりガムテープで止めたり、その場しのぎをしては次々とセガレに突破されていた。でもさて、今度こそ具合が良いかも!これならセガレにも開けられまい。もっと早く買えば良かったよ、と母ちゃん夜中にほくそ笑んだ。
そして今日を過ごしてみたところ・・・。まあ結論としては、目下一定の効果を発揮してはいるのだけれど、一点激しく後悔している。それは、お店に置かれた数種類の商品から、私ったら「自分が好きだから」という理由で、ミッフィーのかわいいのを購入してしまったこと。
セガレは朝起きて徘徊を始めた途端、台所に見慣れぬ「部品」を発見。(←本当に目ざとい。)一目散に近づいてみると、なーんとそこにはかわいいミッフィーがついている!うしろを振り返ると、そこの棚にもミッフィーがついている!あっちにも!こっちにも!「あ~ミッフィーちゃんだ!!」(←と多分言っている)とばかりに、ロック部分を一生懸命にいじるセガレ。今まで興味の薄かった棚にまで突進する始末。いかにロックとは言え、そうそう複雑な仕組みではないので(なんせ私が頻繁に開閉する台所の棚用)、セガレがいじくり回すうちにふと解除方法を発見してしまう日も遠くないと思う。ああ、余分な関心を引きつけてしまった・・・。メーカー責任を問いたい気持ちだが、それは言いがかりか。
そしてもう一点。「いつも開けたがっていた棚」をミッフィーがイジワルして開けさせてくれないものだから、セガレはあっという間に、その他の「ミッフィーがいない棚」を発見しては開けるようになってしまった。今までは見向きもしなかった棚なのに!!
・・・追加でロック買ってこなきゃ。今度はミッフィーがついてない地味なのにしよう。
[PR]

by pi-tang | 2006-09-04 21:51 | 母業一般