育急ママ応援。

今日も朝から霧雨。朝食時に窓の外を眺めながら、「今日の外出予定はあきらめるか~」とボヤいていたら、オットが「バスに乗ってでも出かけた方がいいよ」と言う。1日中在宅していると、セガレの満杯エネルギーを私が受け止めきれずに煮詰まってしまって、夜オットに八つ当たりが来る(!)、ということを学習しつつあるオット、もしや今日もその事態をおそれている?
うーむー。億劫ではあるけれど、精神衛生上、出かけた方が良いのは私も判っている。勇気を出して完全防備の上で家を出る。バスと電車を乗り継いで武蔵境へ。
市内の保育サービスのNPOが主催する、「育休ママ応援」と銘打ったワークショップに申し込んでいたのだ。今日は「子供を預けるってどういうこと?」というテーマでのお話。市内の保育園事情についても話を聞けて、それなりに興味深かった。(それにしても、保育園の空き状況は相変わらず厳しいみたい。)
先週第1回の講演会(テーマは「働きながら、健やかな子どもの発達を促すポイント」)があったのだが、その日も雨だったので欠席してしまった。頑張って来ればよかった、とちょっぴり後悔。
ワークショップの間、セガレは託児した。おもちゃでいっぱい遊んだり、ひまわりママさんにおんぶされてウトウトしたりして過ごしていたらしい。
その場所でお昼のお弁当を食べさせてから、駅前のヨーカドーをウロウロ。子供フロアでもマットの上をゴロゴロして遊べたし、セガレも私もやっぱり、お出かけして良かったね。
[PR]

by pi-tang | 2006-09-13 22:11 | 母業一般