ひとまねこざる。

セガレは日に日に幼児っぽくなっている。体つき、表情、することなすこと、もはやすっかり「赤ちゃん」ではない。ことに最近、やたらとヒトの真似をしたがる。これって社会性が身につき始めたということなんだそうだ。そう聞くとなんだか潅漑不快、もとへ、感慨深い。
セガレの現在のマイブーム(真似っこ編)は以下の通り。
①拭きたがる: 食事中、食べ物をこぼすと、「フキンよこせ!」と私に指図して、そして自分で食卓をゴシゴシ。(実際はヨゴレを広げているだけ。)食後は、手と口用の手拭いを同様に「よこせ!」して、自分で口周りを拭いている。(時に私の顔に手を伸ばして、私の口周りも拭いてくれようとする。サンキュー。汚れてないけど。)困ったことには、台フキと手拭の区別がつかないので、汚れた台フキで自分の口周りを拭こうとすることもしばしば。
②磨きたがる: 朝、私が歯みがきしていると、「その歯ブラシよこせ!」と騒ぐ。棒状のものは転ぶとコワイからあまり触らせたくないのだが、うるさいので仕方なく渡すと、私の口に突っ込んで、「シュシュ」と言いながらかき回してくれる。毎晩私がセガレにやっているからね。
③とかしたがる: 私が髪をとかしていると、同様に「そのブラシよこせ!」と。渡すと自分の髪を一生懸命なでている。
④チューしたがる: 最近仕込んだ芸。「チューして」と言うとしてくれる。実は上手にチュッとはまだできず、「シュ」とつぶやきながら口をほっぺに当ててくれるインチキチュ-なのだけど、でも、されると結構とろける。(←親バカ。)
・・・他にもいろいろと、思いがけないところで大人の真似をして、笑わせてくれる。よく見ているなあ。それにしても実にまったく好奇心旺盛なセガレ、ついついジョージ!と呼びたくなる今日この頃だ。(注:ひとまねこざるの名前はジョージ。)
[PR]

by pi-tang | 2006-10-02 20:36 | 母業一般