ぶんぶんとじぇんじぇ。

友人のおうちに集まる予定が大雨のためキャンセル。前回も雨で流れてリセットしたのが今日だったのだけれども、どうやらメンバーの中に強力な雨女(男)がいるらしい。ううむう。
ということで、家にこもって、セガレの満々エネルギーを1日中照射されまくる。

ところで、セガレがここ数日、日に最も多く発するコトバは、「ぶんぶん」と「じぇんじぇ」の二つ。オヤだからこそ判るこの2語の翻訳はズバリ、前者は「ひこうき」、後者は「でんしゃ」。
セガレは乗り物オタクへの道を邁進中だ。男の子だからね、とはいうものの、先輩ママたちからもよく聞く通り、別にそう仕向けたわけじゃないのに、本当に不思議。(まあでも我が家の場合は、若干仕向けているフシもある、かも。)
乗り物の中でも、セガレの中では飛行機人気が高い。部屋に吊るされたモビールや模型おもちゃ、絵本の絵、どれでも大好き。最近の一番ヒットは、先月初めて乗った飛行機の中でもらってきた絵葉書。(小さな模型おもちゃももらったのだけれども、それよりも写真の絵葉書がツボらしい。) 行きに乗ったエアバスと帰りに乗ったMD-81、(それぞれのページと全く同じ写真の)2枚の絵葉書を、両手にかざして「ブーンブーン」と言いながら家中を徘徊している。(そして相変わらず、そんな大事な絵葉書も、運んではどっかに置いてくるので、母ちゃんは家中の至る所で「絵葉書2枚セット」の回収に明け暮れている。)もはや折れ曲がってボロっちくなってきた。私には変哲のない絵葉書に見えるのだけれど、何がセガレをしてそこまで偏愛せしめるのか。
と、ここにきて電車人気が急上昇してきた。多分これまでも好きだったのだと思うが(飛行機よりも余程なじみがあるし)、「じぇんじぇ」という単語を発することを覚え、私へのアピール度が俄然高まってきた。とにかく、絵本の電車を見れば「じぇんじぇ」、買物に出て高架を中央線が通れば「じぇんじぇ!(←絶叫)」。最近オットがどこかの駅から、東京メトロの列車一覧が乗っているパンフレットを持ち帰ったら、ウットリ眺めちゃってもう手放さない。(グズり時のなだめグッズとしてお助け度高し。)
ついでながら、電車と別に「ポッポ(蒸気機関車)」も判別するようになって、トーマス見てもやえもん見ても、「ポッポ」「ポッポ」。おもちゃの機関車もポッポーとつぶやきながら押している。そもそもセガレの脳みそで、電車とどうして見分けがつくのか、私にはそれすら不思議なのだけれど。
そろそろ写真つきの乗り物図鑑を買ってあげよかな。(こうやって、順調にオタク道へ誘導中。)
[PR]

by pi-tang | 2006-10-06 14:23 | 母業一般