事態の深刻さが分かりつつある。

市役所に保育園の入園希望を提出してから半年近くたつが、さっぱり音沙汰がない。年度途中は空き(転出など)が出ない限り選考会すら開かれないとは聞いているものの、うーむーやっぱり厳しいんだろうか。
ちょっと思うところあり、年度内に入れる可能性はないかなあ、ということで、市役所に電話で「どんな状況ですか?」と問い合わせてみた。すると、セガレの該当する0歳児クラスは、市内の全ての保育園で、今年度まだ1人も空きが出ていないとのこと。係の人曰く一般論として、住居を定めてから出産に臨む人が多いので、0歳、1歳あたりは引越による転出というのは稀とのこと。これが3歳、4歳くらいになると、下の子が生れて家が狭くなったためお引越、なんていうケースもチラチラ出てくるらしい。かくいう私も出産2ヶ月前に今の処に引越してきて「住居を定めた」クチなので、なるほどそう言われれば納得。
認可保育園がほぼ絶望的なことが分かったので、ここ数日、認可外の保育園にも当たり始めた。見学を申し込むべく、武蔵野市内はもちろん、お隣の三鷹市や杉並区の保育園にもいくつか電話をしているが、軒並み「空き待ちリストにお載せすることはできますが・・・」という感じ。ホームページを見ると「見学随時OK!」なんて歓迎ムードでも、電話で聞いてみると、「0歳児クラスは20人待ちです」という所もあって(定員10名なのに!)、ありゃまあ、萎える萎える。
私は実は、状況が究極に逼迫しているワケではないお気楽チャンなのだが、でも、本当に本当に預けて働かないといけない家庭にとっては誠に由々しい事態だろう。日本のエライ人、よろしくお願いしますよーホントに!
[PR]

by pi-tang | 2006-10-17 20:27 | 雑記