お風呂事情(解決済)。

かつてあれほど私を悩ませ、さんざん試行錯誤させたセガレのオフロ入れ、実はその苦難の時代はとうに終わった。最後に日記に書いた2月から、だんだん季節も良くなり、赤子はセガレに成長し、真夏の間はシャワーで済ませたり、としているうちにまた寒い季節がやって来たけど、もはや母ちゃん本件では悩まない。全然へいちゃら。
なんせセガレが湯船の中をウロウロしても滑って転ぶ心配がほとんどなくなった。おもちゃで1人で遊んでくれるので、その間母ちゃんは落ち着いて自分を洗える。助かるよ!
セガレを洗い場に出しても、シャンプーのポンプから石鹸からスポンジから、手当たり次第なめる時代は終結したので、その点でも本当にラクになった。(もっとも、大抵のグッズはセガレの手の届かない高い場所に避難させてあるので、イタズラしようにも物がないのだけれど。)
一緒に湯船に入っている時は、口を水につけてブクブクパーしてみたり(水泳で習ってる)、あんよをバタバタしてみたり(これも水泳)、定番の芸をいくつか練習し、あとはまあ適当に、男女2人が密室で裸でイチャイチャ。うふふん。
そして上がる直前に私が「1,2,3・・・」と数え始めると、セガレは勝手にしゃがんで肩までお湯に浸かる。(でも10まではとても持たず5くらいで飽きて逃げ出そうとするので、その後は肩を押さえつけるんだけど!)
良いね良いね。この冬はセガレと風呂三昧を楽しもう。
[PR]

by pi-tang | 2006-11-13 23:20 | 母業一般