耳そうじ。

昨日、セガレの耳そうじをしてもらいに耳鼻科に行った。
新生児の頃こそお風呂上りにマメに綿棒でおそうじしていたが、ここのところはどうしてよいものやら、「いじらなくて良い」という話も聞くので、ほぼほったらかしにしていた。それが最近、近所のママ友から「耳鼻科に行ったら信じられないほど耳垢が取れた!」という、文字通り耳より情報をゲットしたため、勇気を出して近所の耳鼻科を初訪問。
診察室で先生と向き合って座る。母ちゃんに抱っこされたセガレ、先生の指示に従い私が足と手をぎゅっと押さえこんだ途端に大泣き。以後ずーっと泣き通しだったが(痛がるというよりは、束縛がオイヤみたい)、傍で見ていた私にとって、先生が何やら細長い器具を操り、魔法のような手つきでセガレの耳から引っ張り出してくださった耳垢は、目を疑うようなリッパなものだった。ひょえ~こんなに詰まっていたの!今日からさぞかしモノがよく聞こえることでしょう。
ついでに、先生が「洟が出てるね。吸い取っちゃいましょう。」と、吸引してくださった。セガレはここでも大抵抗していたが、ホーラ、すっきりしたでしょう?
最後に、先生に普段の耳の手入れについて聞いてみたところ、「上手に出来る人は別だけど、普通は何もしなくてよい。気になるようなら時々こうして耳鼻科にいらっしゃい。」とのことだった。
耳鼻科って私にとって未知の世界。いろんなことをしてくれるんだなあ。(しかも乳幼児医療費助成でタダ。また来よう!)
[PR]

by pi-tang | 2006-12-06 23:44 | 母業一般