1歳6ヶ月健診。

午後、近所の小児科へ1歳6ヶ月健診に出かけた。来週保健センターに集団健診の召集がかかっているのだが、それと前後して各自小児科に出向き、個別健診も受ける必要があるとのこと。1度で済ませたいところだが、ちょっとめんどくさい。
4月の10ヶ月健診以来久しぶりの健診、果たしてセガレは診察室で母ちゃんに服を脱がされた途端に、タダならぬ気配を感じたのか大泣きしてしまった。身体計測も大抵抗。体重計に乗せても身をよじって暴れるので、結局私が抱っこして乗って、後に私の体重分を引くという方法を取るハメに。
そんなこんなの結果は、身長83センチ、体重10キロ、胸囲47センチ、頭囲48センチ。体格は平均よりやや大きめ、その他すべて異状なし。指導事項もなし。良かったね。
その後、併せてインフルエンザの2回目の接種もしてもらった。セガレはずっと泣き通しだったので、そのどさくさのうちに、無事終了。
さてこれでひと安心、と思いながら帰宅して、受診結果の控えを眺めてみる。すると、「異状無」に○が並んだチェック・リストの一番最後に、「受診態度」という項目があり、「1.協力的」「2.非協力的(こわがる、泣く、暴れる)」「3.その他(無関心、視線が合わない)」とあるうちの、なんと2番に○がついていた。非協力的・・・!!確かに、先生にまったく非協力的だったよ。トホホ。
10月に床屋で泣いて以来、先日の耳鼻科、そして今日と、セガレはよく泣いた。まあ、場所見知り、人見知りも発達の一環。そうだそうだきっとそうだ!
[PR]

by pi-tang | 2006-12-16 23:51 | 母業一般