入眠儀式。

最近のセガレのおやすみの仕方。
夜8時過ぎ、歯みがきが済んで(抵抗してろくに磨かせてくれない日も多いのだが)、「じゃあネンネしようか」と私が声を掛けると、セガレはあっという間におやすみ態勢に突入する。
自らいそいそと「今夜のご本」を選び、それを抱えて寝室に移動。それが、当初は1、2冊だったと思うのだが、日に日に増加傾向で、最近は5冊も6冊もヨイショと運んで、途中でボロボロ落として、ヨロヨロしながら寝室に辿り着く。
寝室では私と2人で布団に座りこみ、セガレのご指示に従ってまず1冊読んでやる。続いて「じゃあゴロンしようね」と言いながら2人でゴロンして、もう1冊。この時点で既に本人は相当「ネンネモード」になっているので、この2冊目は大抵最初の数ページしか読まれないうちに、セガレが「ネンネ」と言い出して、私に電気を消せと指図する。はい喜んで。5冊も6冊もせっせと運んだご本の殆どは、そんなわけで開かれることのないまま、翌朝母ちゃんにせっせと本箱に戻される運命だ。
(さて、もちろんこれであっさり寝るハズはなく、この後にセガレにとって最も重要で外せない入眠儀式が待っている・・・。)
ここ数ヶ月くらいでこの日課が身について、まあ楽にはなった。
ついでに、週末にオットがいる時も同じ儀式が行われるのだが(ただし寝室には父ちゃん立入禁止。気が散るから)、寝室に消える前に父ちゃんに「おやすみなさい」と言ってるつもりの、「おやんちー」というご挨拶が、脱力系で大変に和む。おかげでオットと私、大人同士も寝る時は「おやんちー」。現在我が家の流行語。
[PR]

by pi-tang | 2007-01-25 21:49 | 母業一般