ふくはうち。

プールの後に三鷹跨線橋に電車を見に行ったセガレとオットに、「天気がいいからおいでよ~」と呼び出された。跨線橋は今日も快適。昨年末にお目見得したばかりの中央線の新車両が通ると、ワタクシもつい興奮してしまう。
小1時間ほど電車を眺めた後、そのまま自転車で武蔵境まで足を伸ばし、杵築大社へ節分の豆撒きを見物に行った。裃を着た福男・福女が、神楽殿から福豆を撒く。その下には地元の参詣客がワラワラいて、中には大きな袋を広げて待ち構えるツワモノも。私もとりあえず帽子を受け皿にして立っていたら、福豆のみならず飴玉やミカンを数個と、それから福銭を頂くことができた。福銭はセガレのポッケにしまっておきましょ。
ところでこの杵築大社には立派な富士塚がある。境内はセガレのお手頃に広く、なかなか素敵な佇まいだ、豆撒きの前後にはセガレも富士山に登ったりお稲荷さんの周りを駆け回ったり、存分に遊ぶことができた。(プールの後だというのに元気なこと。)c0053700_228275.jpg
買物して帰宅して、夜は家でも豆撒きをした。セガレはほんとに物怖じしないというか、怖いもの知らず。オニ見てもニコニコ喜んでる。「おにはそと!」と言っているそばからオニさんにチューしたら、オニさん外に出て行ってくれないんじゃない?
[PR]

by pi-tang | 2007-02-03 22:09 | 雑記