赤ちゃんに会いに。

さて、タンコブ騒動も昼食を食べ終わる頃には一段落。今日ランチに招んでくださっていた友人宅へ、時間変更でお茶の時間めがけて出かける。日延べをしようかとも思ったが、またいつ何時どんなアクシデントがあるかわからないので、決行。(外科の先生には「保護者がずっとついているならいいですよ」と言ってもらえた。)電車を乗り継いで初めての街へ。
職場の元同僚のこちらのおうちには昨秋待望の赤ちゃんが産まれて、私もオットも早く会いたくてウズウズしていた。出産祝いは、リクエストに従って童謡のCDと、セガレセレクトの絵本を数冊。
2ヶ月半になる赤ちゃんは終始ごきげんもよろしく、フワフワと本当に可愛かった。オットはこんな小さな赤ちゃんは見慣れないので、「セガレもこんなだったなあ」と懐かしがることしきり。そのセガレも、「アカチャン」と言いながらおっかなびっくりイイコイイコをしていたが、それよりは、おうちで飼われている大きなワンちゃん(インド産)の方に気を惹かれていたかな。次回はタンコブなんてこさえずにもっと早い時間に来て、公園でワンちゃんとも遊ばせてもらおうね。
[PR]

by pi-tang | 2007-02-10 22:44 | 雑記