断乳ブルー。

断乳3日目。2晩目の昨夜は、余程疲れさせたのが奏功して、オットの背中で子守唄3分で陥落。が、夜中の3時半に目覚めて泣く。オットがおんぶしようとすると大抵抗して母ちゃんをご指名。父ちゃんは今日仕事だから、寝ててね。1時間半ほど私とおもちゃや絵本で遊んでいたが、5時頃に「お布団行こうか」と言ったら意外や素直に自ら歩いて布団に行く。背中をトントンしながら2曲くらい歌ってあげたら、あっさり眠った。昨夜よりはだいぶラクだー。
それにしても私がウツウツ。涙腺こわれっぱなし。今日は友人が遊びに来る予定が子供の体調不良でキャンセルになってしまった。ああ、セガレと2人きりで過ごす自信は到底ない。春のような陽気の中、Mちゃん母娘を呼び出して、バスで石神井公園に遊びに行った。気が紛れて良かった。
私はこのたび、断乳という選択をしてしまったことをほんとにほんとにほんとに後悔している。自分ったら相変わらず深謀遠慮がなさすぎ。
保育園とかセガレの年齢とか私の職場復帰とか私が酒を痛飲したいとか(!?)、おっぱいをやめる必要性がいくつかあるのは確かだが、思えば必然性はひとつもなかった。すべて私のエゴ。もう暫く、セガレがちゃんと自分の意思表示が出来るまで待って、それでじっくり卒乳(=子供がおっぱいをやめる時期を決めること)を目指せばよかった。
いや要は、セガレが不憫というのもあるけれど、それはほんの数日間のことで、むしろ私が全然気が済んでいないのだ。まだまだおっぱいあげたいのだ。セガレが乳離れしちゃうのが、ほんとにほんとにさびしいのだ。未練タラタラ。出産直後以来600日間あまり毎日あげ続けたおっぱいは、今や当然に私の日常なのに、ここに来て終わってしまうなんて。私が自分で勝手に終わらせてしまうなんて。
でももう後には引けない。大試練。(と書きながらも号泣。ホルモンのいたずらだな、こりゃ。)
[PR]

by pi-tang | 2007-02-19 23:16 | 母業一般