ふしぎなポケット。

最近のセガレは「ポケット」が大好き。
私のトレーナーのポケットに手を差し入れて「あったたーい」とほっこりしているかと思えば、おもちゃを一生懸命詰め込んでくれたりしている。「キミのズボンにもここにポッケがあるよ」と教えてあげると、嬉々としてミニカーを突っ込もうとしている。(でも子供服のポッケは小さいので、おもちゃはなかなか入らない。)外に出ればジャンパーのポッケに、拾った小石を入れるのがお約束。
室内着のフリースのズボンの、裾が長いので折り返して履かせているのだが、セガレにとってはその折り返しがとても魅力的なポッケに見えるらしく、せっせとおもちゃを詰め込んでいるのには笑ってしまった。またずいぶんとおっきなポッケを見つけたね!
そこで思い出すのが、たたくとビスケットがどんどん増えるふしぎなポケットのお歌。これって大人にとってはただの「ありえない話」だけれども、子供にとってのポケットというのは、かくも楽しいイマジネーションの泉なんだろうな。
ということで、母ちゃんまでせっせと、「ホラここにポッケがあるよ。こっちにも!」とポケット探しに余念がない今日この頃。
[PR]

by pi-tang | 2007-03-02 21:40 | 母業一般