保険をかける。

午前中、NPO「ひまわりママ」のコーディネーターの方が来宅。説明を受けた上で、入会の手続きを行う。
来週から仕事を始めるに当たって、残業したくないなあ、というのはもちろん大前提なのだが、そうとばかり言ってられない事態が生じるかもしれない。二重保育(保育園の終了時間後の保育)をどうするか、手立てを考えないと。その点、武蔵野市で活動しているこの民間ベビーシッターサービスは、他の自治体の住民からも羨ましがられるような存在であるらしい。地域に根付いていること(地域在住の育児の先輩がシッターとして来てくれる)、そして他の営利企業のサービスよりもだいぶ安価なこと、というのは魅力的。
個別の要望にいろいろと応えてくれるようだが、私のニーズとしては基本的には、保育園にお迎えに行ってもらって、そのまま自宅でお留守番、というパターンになるだろう。保育園の延長保育(19:15まで)も申し込んだので、セガレの精神衛生のためにも、ひまわりママさんにお願いしないに越したことはないんだけれどもね。「保険として」入会金と会費を払って、手続き完了。
午後は、小児科に行って水ぼうそうの予防接種を受けた。セガレ泣かず。エライ。任意の接種もこれで一段落。
[PR]

by pi-tang | 2007-03-22 21:57 | 母業一般