プロってすごい。

今週水曜日から私はいよいよ復職だ。月火は特段の予定もなく、セガレとべったりまったり過ごして体力温存する予定。
今日は午前中、陽気に誘われて社宅の敷地内でセガレを三輪車で遊ばせる。ついでに家の周りをお散歩。セガレのお花語録に「コブシ」が追加された。引き続き渋いぞ。でも「ユキヤナギ」は長すぎて上手に言えない。
近所の歩道橋の上でセガレに自動車を見せていたら、セガレが来週からお世話になる保育園の園児が、列をなして反対側を上ってきた。ふーん、ここもお散歩コースなのか、と思いながらすれ違おうとしていると、引率の先生が「あらーセガレくん(仮名)!」と話しかけてきてくれた。偶然、セガレの担任になる先生だったのだ。なんでも、年長クラス(まもなく卒園)の子達を、「学校たんけん」と称して、近所の小学校に見学に連れて行く途中とのこと。
それにしても、先日説明会に数十分間連れて行っただけなのに、しかもセガレはその間ほとんど寝ていたのに、その時子供は他にも数人いたのに、セガレの顔写真を提出したわけでもないのに、先生はセガレの顔と名前をちゃんと覚えていてくださって、母ちゃんはすっかり感動してしまった。(実は私はその先生の顔すらすぐには判らなかった。)私にとっては、他人様の子供の顔と名前なんて、そうそう覚えられるものじゃないんだけど、さすが、プロってすごい。
「来週楽しみに待ってますね~」と言いながら、先生はワイワイはしゃぐ子供たちと一緒に去っていった。私も、来週が一段と楽しみになった。
[PR]

by pi-tang | 2007-03-26 21:54 | 母業一般