春愁。

参った参った。
人見知りをしない子だから、割といつもニコニコご機嫌な子だから、保育園、大丈夫だと思っていた。
感染性胃腸炎とやらにかかったのは不運だけど、しょうがない。保育園で次から次へと病気をもらうというのは、ある意味お約束として、覚悟はしていた。(それにしてもあっという間にくらったな。)体調が悪いのは気の毒だが、それにしても、抱っこ抱っこと、何かに怯えるように私の首ねっこにかじりつくセガレを抱きしめるにつけ、たったの1週間なのに、この子はその間ずいぶん我慢していたんだなーと思わざるをえず、母ちゃんすっかりブルー。
この子は保育園に向いていないんじゃないか?
母が一緒にいないことが、将来この子のトラウマになるんじゃないか?
私ったら仕事なんてしている場合じゃないんじゃないか?
とか、考え始めてしまうと、とりとめもない。しかも、仕事は私が育休ボケだろうが何だろうがなんだか相変わらず忙しいので、休みを取るという選択肢は私の中で結構ハードルが高い。(たまたま今は実家に甘えられるので、そう思っているだけかもしれないけれど。)
救いは、職場のママ先輩たちが異口同音に、「みんな同じ葛藤を抱えながら働いているよ。悩んでナンボ。そして、子供は大丈夫!」と言ってくれることかな。
今年今月のことを、笑って思い出せるような状況に、早くなってほしい~。
[PR]

by pi-tang | 2007-04-15 22:25 | 母業一般