猫の手よりも便利。

夕方は洗濯物を取り込むのも忙しい。あー今日ももうお外真っ暗になっちゃった!早く早く。
我が家では寝室に洗濯物を取り込んで、それをガサっと抱えて居間に移動して、そこでたたむのだが、今日も私が「ガサっと」やろうとしたら、横でセガレが一緒になって洗濯物を抱えようとしている。おー運んでくれるの!お願いしますよー。
抱えるといってもせいぜいシャツ1、2枚、靴下などの小物は腕からポロポロこぼれるし、私がやれば一度で済むところを決して効率的ではない。でも、私にとってただの「おしごと」のその動作はセガレにとっては立派な「おあそび」なので、「さっさと済ませたい」なんていう心理は微塵もないようだ。嬉々として何往復もして、結局全部運んでくれた。やったー母ちゃんラクちん。
セガレが親の真似をしたがっては、「いーから手を出さないで!」ということは日常多々あるのだけれど、今日は初めて、「猫の手よりもセガレは便利」と感じた。初めてのお手伝い、ありがとう。
[PR]

by pi-tang | 2007-05-24 21:37 | 母業一般