おたんじょうかい。

夕方から3人で同じ社宅の友人宅に遊びに行った。南米出身の奥様がダンナ様の誕生日パーティをするから!と呼んでくれたのだ。先に電話をもらった時、つい、「うちのセガレも誕生日が近いから、じゃあジョイントパーティね!」と図々しく提案したという顛末アリ。
最近海外から帰任した、もう1ファミリーもご一緒した。4歳クンを頭に、セガレと同学年の女の子と、7ヶ月の赤ちゃんと、子供も4人揃って、かわいい・楽しい。
楽しいおしゃべりと美味しいお料理&お酒の後、お約束のケーキ登場。奥様が準備したケーキと、私が焼いてきたチーズケーキにそれぞれロウソク立てて。主役のご主人が「ハズカシイ」と言って4歳クンに「ロウソクふーっの権利」を譲ったため、4歳クンとセガレがケーキの前を陣取った。電気を消してロウソクの灯りの下、みんながハッピーバースデーを歌っている最中、セガレは楽しそうにニコニコ。でも、ロウソクを消すお作法はさっぱりわかっておらず、結局4歳兄ちゃんが全部ふーってしてくれた。めでたしめでたし。
セガレはケーキをたっぷり食べてごきげん。もちろんオトナも。しかも殿方にはエジプトからやって来た水タバコのパイプまでふるまわれ(いやもう、なんだか多国籍)、のんびり・まったりと過ごし、9時過ぎにお開きとなった。
なかなかにエスニックな、しかも35歳のおじちゃんとのジョイント誕生日パーティなんて、セガレもなかなか得がたい経験をしたよ。(と、パーティ省力化を合理化してみる両親なのであった。)
[PR]

by pi-tang | 2007-06-09 23:44 | 雑記