蛇の目じゃないけど、お迎え。

朝は曇天。午後からは雨という予報だったので、今朝はセガレに長靴を履かせて歩いて登園しました。長靴に加え自分の傘まで登場したのが嬉しくてたまらないセガレは、私が傘を持とうとするとすかさず「ジブンデー!」。たたんだ傘の石突を、道中ずっとガガガーと引きずっていきました。うるさいです。傘傷みます(涙)。
夕方のお迎え時には、予報通り雨降り。しかもザンザン降りではなくって、雨降り散歩にほどよい感じ!
朝持参した雨ガッパもセガレに着せて、装備バッチリで歩いて帰宅しました。雨ガッパに傘さして、自分で歩くセガレというのは、実は私も初めて見る姿だったので、ラクというか、かわいいというか。
セガレはずーっと、「あめあめふれふれかあさんが♪」と歌い通し。そして、濡れた紫陽花に出会うたびに、「あじさい、バイバーイ」と手を振っていました。これででんでん虫でもいれば出来すぎだなあと、ちょっと探してみたものの、邸宅の並ぶ通園路では見つかりませんでした。
朝から降られると通園が難儀ですが、午後からの雨(かつ装備アリ)だったら、歓迎できます。いよいよ梅雨入り。こんなお散歩を、今年はあと何回楽しめるかな。
[PR]

by pi-tang | 2007-06-14 23:31 | 母業一般