かけあし京都(2日目)。

昨日はだいぶ歩いたが、今朝も赤ちゃんびくびく跳ねてて快調。よしよし。今日も頑張ってついてきて頂戴ね。
午前中はまず三十三間堂へ。私は初めて訪れたが、インド系の神様がいっぱいいて面白かった。二十八部衆像のうち4人は修理で入院中、一千一体の観音様も、うち3人は京都・奈良・東京の国立博物館にそれぞれ出張中だった。みんなそれなりに忙しいのね。それにしても、床が冷たくて足が凍った。出口待合室のストーブに足をかざして溶かす。

京阪電車で出町柳へ移動し、ちょっと時間があったので下鴨神社へ。糺の森の凛とした空気を、赤ちゃんのためにたっぷり吸ってあげる。京都のお寺は拝観料が高いけど、神社はタダ。世界遺産なのにこの差は何故? 果たして伽藍や仏像の維持費の話のみではなさそうだなあ。宗教界の未知なるカラクリについて、オットとひとしきり推考する。境内では折しも結婚式をしており、白無垢の綺麗な花嫁さんに、幸せ気分をおすそ分けしてもらった。

さて、12時に京都大学の時計台で神戸に住む幼馴染の純ちゃんと待ち合わせ。時計台の下のフランス料理屋を彼女が予約してくれたのだ。部外者も入れる小奇麗なお店はちょっと意外且つ素敵な空間で、リーズナブルでおいしいランチに3人のおしゃべりも弾んだ。
午後は農学部の建物で勉強会だというオットと分かれ、純ちゃんとガシガシ散歩する。とその前に、まずは「近くにおいしいチーズケーキ屋があるのよ!」と彼女が興奮気味に教えてくれた今出川の同志社大学そばのケーキ屋へ。ほほほ、なんと、昨日行った「Papa Jon's Cafe」の本店じゃないの。2日連チャンものともせず。今日はマーブルチーズケーキで、昨日同様とろけた。
地下鉄で烏丸御池に移動して、純ちゃんお気に入りの町家の雑貨店 や寺町通りのアンティーク屋をブラブラ覗き、おじいちゃんの焼芋をかじりながら錦市場へ歩く。楽しい活気の中、純ちゃんのオススメに従い、黒豆豆腐やらどんつき味噌やらを購入し、ついでに豆乳ドーナツもつまむ。食べすぎですってばー。
その後18時半頃に高島屋でオットと合流。勉強会は有意義だった由。遠路を来てよかったね。
私たちはさすがに満腹につきどこかで夕飯という感じでもなく、ひたすらデパ地下はじめお店をそぞろ歩く。京都駅に移動してから純ちゃんと分かれ、20時過ぎの新幹線に乗った。デパ地下で買った「いづう」の鯖寿司(高いけど絶品!)をつまんで一眠りしたら、あっという間に東京に着いた。

はあ。中身の濃い2日間だった。京都楽しい!今度はもっとゆっくり来たいなあ。
[PR]

by pi-tang | 2005-01-23 20:22 | 旅行