かけあし京都(1日目)。

で、バタバタと京都にやってきた。道中は気持ち良く晴れて富士山も丸見え。わーい。暖冬のせいなのか、意外と麓が黒いのでびっくりした。
今回は短い訪問なのでそれなりに行動計画を絞り込んだ。まずは宇治に移動して平等院宇治上神社を訪れる。平等院では、阿弥陀様が「平成の大修理」で外出中なのは残念だったけれど、鳳凰堂の前では「お約束」通り十円玉と、加えて新一万円札の鳳凰も一緒に写真を撮ってきた(小市民)。宇治上神社は世界遺産の割には閑散としてえらい地味ながら、感じの良いお社だった。
次は、前から行きたかった黄檗の萬福寺を拝観。中国ムード満点。弥勒様のあまりに福々しい笑顔にはこちらまで笑ってしまう。お昼は近くの食堂で「普茶弁当」なるものを食す。京野菜を使ったお上品で見目麗しいお弁当だった。

市内に戻り西本願寺近くの東急ホテル(偶然、オットが高校の修学旅行で泊まった所だって)にチェックイン、荷物だけ置いて、バスで祇園に出かける。
知恩院そばの一澤帆布店に初めて行った。うわさ通り、小さい店内は芋洗い状態だったが、ママバッグにするための大きめトートを購入。かわいいぞー。そのまま八坂神社、そして灯りが点り始めた祇園の町をそぞろ歩く。舞妓さんには会えなかったけれど、興味津々。いつかしたいな茶屋遊び(!?)。

そのまま南座を川沿いにちょっと下っておでん屋「蛸長」へ。池波正太郎が行きつけた店とのことで、オットのご所望。カウンターだけの小さい店なので入れないだろうなと思ったが、18時の開店のタイミングに滑り込んだら最後の2席が奇跡的に空いていた。おいしい薄味おでんを堪能堪能!お勘定の時、ご主人が「お身体大切に」と私のニンプっぷりを気遣ってくれた。イチゲンなのに! 京らしい?さりげない心遣いにすっかり感動して、はーい次行きましょ、次!
商店を覗きながら新京極までブラブラ歩いて、デザートは「Papa Jon’s Cafe」へ。最近重篤なチーズケーキ熱が出ている私が、事前に「おいしいチーズケーキ・京都」というキーワードでネット検索して下調べてきたお店。ニューヨーク・チーズケーキ、ねっとりと身もだえするようなおいしさだった。ペロリ。

更に気を良くして、程近く寺町通りの「サンボア・バー」へ。これもオットのかねて憧れの店とのこと。ビュアモルト「竹鶴17年」のストレートを頼むオットを横目に、私は「強くなくて、さっぱりしたもの」をお願いしたら、砕いた氷にスペインの青リンゴのリキュールを注いで出してくれた。おいちー。
老舗バーでの心地良い時間だったが(煙草がケムたい点を除き)、「1杯だけね」という所期目標を守って店を出て、タクシーでホテルへ帰り着いたらまだ22時。
ああ、なかなか効率良くって満足。
[PR]

by pi-tang | 2005-01-22 21:09 | 旅行