取ってくれろと泣く子かな。

2歳児イヤイヤ絶好調中のセガレ。それでもこれまで、保育園ではだいぶ遠慮していたようなのだが、先週の連絡帳で、園でもそろそろ炸裂し始めたらしいことが判明。オムツしないーお着替えここじゃイヤーお片づけイヤー・・・等など言っているようだ。トホホ。でも先生は、この年齢には当然のこととして意にも介さず、それどころか連絡帳には、「それだけ園に慣れてきたようなので、うれしいです!」とか、「イヤイヤする様子がかわいいです!」とか、余裕のご発言の数々。まあ半分は親への思いやりだとしても、他人の子供の反抗をかわいいと表現できるとは・・・さすが、感服。
さて、家でももちろん炸裂中。気に食わないことがあると、とりあえず泣くセガレ。本日の「困ったちゃん」は、夜、トイレで出現した。以下、定番・ビロウなお話。
今日も立派なモノをお出しになったセガレに、「はい、お水ジャーしてバイバイしようね~」と言ったまではよろしい。セガレは覗き込んで自分の成果を確認し、そのモノの中に、なんと大好物の「ひじき」を発見した。(大量食いしたので消化しきれていない。)そして水中を指差しながら、「ひじき~!ひじきほしい~!ひじきとる~!」とご所望。それは、無理です!絶対無理ですから!!はい、ジャ~ッ!!瞬間、うおおおおっと絶叫泣きするセガレをトイレから引きずり出した。
母ちゃんあとからふと、「あの月を取ってくれろと泣く子かな」の句が頭をよぎった。今日のセガレも、ご無体な相談という点でこの子に相通ずるような。ただし格調において天地ほどの差(文字通り)があるので、そんなこと言ったら、一茶に怒られること間違いないな。失礼しました。
[PR]

by pi-tang | 2007-08-27 23:59 | 母業一般