引き続きパチャパチャゴロゴロ。

今回のホテルには朝食ナシのプランで泊まっている。中で食べるのは高いので(ビュッフェが1人1400円くらいするんだもん)、ベビーカーを5分間ほど転がして、道沿いのコーヒーショップに日参。良い朝の散歩だ。(帰る頃にはもう結構暑いけど。)セガレはここのトマトオムレツがとても気に入って、この先他のレストランでも「何食べたい?」と聞くと必ず「ふわふわたまごたべる!」と答えるくらい。その他トーストとヌードルと飲み物を頼んで、3人分で500円弱くらい。
今朝は散歩ついでに、洗濯物をどっさり持って出てクリーニング屋に寄った。内容を問わず、1キロ約280円という明朗会計。2.7キロを預ける。仕上がりは夕方。
ホテルに戻って、今日も水着に着替えてビーチとプールへゴー。ビーチにはナマコがたくさん打ち上げられてブヨっと転がっている。海がキレイな証拠だ。でも雨季のためか見た目は透明とはいえず、まあ、あまり入って泳ごうという気にはならない。(私も年を取ったなあ。)海には入らず、セガレと一緒に貝殻をたくさん拾った。(貝殻と思ったが、部屋に持ち帰った後、そのうち数点に貝やヤドカリがまだ棲息していることが判明。失礼失礼。ちゃんと海に帰しましたよ。)
初日の嵐がウソのように、昨日今日とピカピカに暑い。リゾートに2つあるプールの、今日は昨日とは別の方で遊び、プールサイドでランチを食べて、部屋に戻って昼寝。本日は私も一緒になって爆睡。ゴクラクだー。
昼寝の後はリゾート内の子供用プレイルームで遊ばせてもらったり(こういう所ってちゃんと託児施設が整っているのねー)、庭を散歩して過ごす。リゾート内の到るところに「椰子の実落下に注意!」の看板が出ている。見上げると確かにたわわになっているので、セガレを脅すと、その後、ヤシの木や実を見かけるたびに、「やしのみおっこっちゃうねー」とか、「やしのみおっこっちゃったねー」を連呼することになる。
夕食はまた歩いて出かけて大シャコと海鮮ナベを食べた。セガレが先に食べ終わって退屈し始めた後、店のお姉さんが「おいで」と抱っこして、店先の水槽のロブスターやら大ナマズやらを見せてくれていた。その間もちろん、親はバクバク。一昨日のレストラン(別の店)でも、お兄さんが同じように子供の相手をしてくれた。みんな子供にやさしくってステキ。っていうか、セガレったら、人見知りゼロ。わからん言葉をしゃべる人でも全くOKらしく、神妙に抱っこされているのが結構おかしい。そういえば、マレー語の「トリマカシ(ありがとう)」と「セラマッパギ(おはよう)」は教えたところ、親の前では言うんだけど、他人さんにははにかんじゃって、まだちゃんと言えないのが残念ではある。ついでに、他人さんに「ボクのお名前は?」と聞かれて私が促すと、必ず得意そうに「にさい!」と答えるのも、ちょっと、どうしたものか。
[PR]

by pi-tang | 2007-09-18 21:24 | 旅行